安月給で満足ですか?

誰もが気になる業界事情と収入問題を語ります

Webエンジニア業界の特徴

Webエンジニアの特徴は、フリー転身がしやすい部分にあります。普通の会社員は、なかなかフリーになることはできません。例えば営業や事務の仕事をフリーで行うのはかなりハードルの高いこととなります。いくら能力があっても、個人で仕事を受けるシステムが出来上がっていないとどうしようもないのです。その点、Webエンジニアはそもそもフリーで働く人が珍しくはない仕事です。自宅にいたままでネットを介して仕事を受けて、作業をした後にまたネットを介して提出をするというスタイルも一部で確立されています。

つまり、個人で働ける状況がすでにできているので、会社に勤めているWebエンジニアが新しく一人フリー転身をしたところで何も問題はないのです。仕事はフリーになっても自由に受けていけますし、経験が少ない初心者にできる案件も多数見つけられます。確かに固定給ではないので月収は安定しません。フリーに対して撒かれる仕事は単価の安いものが多く、頑張ってもさほど儲からない可能性もあります。

ただ、それでも最低限食べていくことはできるでしょう。IT業界は年々大きくなって仕事が増えていくのに、エンジニアの数はそれほど増えていないからです。パイは食べきれないほどあるので、給料安いことに我慢さえできれば生きていくことはできます。もちろん、ハイスキルを持つ一流のWeb系エンジニアなら、フリー転身をした後にも高い収入を確保することは可能です。


#
Tags: |
Webエンジニア業界の特徴 はコメントを受け付けていません。